短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: トップページ

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

短期間で介護福祉士に合格させてみせましょう

なんとしても介護福祉士試験に合格しなければならないあなたへ

突然ですが、以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 年1回の試験しかないのでなんとしても1回で合格したい
  • 今まで連続で不合格になってしまったので今年こそは必ず合格したい
  • 試験日まであとわずか・・・、今からでも間に合う勉強法ってあるのかな?
  • 介護福祉士って専門学校とかでいろいろ教えてもらわないといけないの?
  • 毎日が忙しく勉強に充てられる時間が少ないけど介護福祉士には絶対なりたい!
  • 専門学校も通信講座も受講料が高いのでもっと安く学べるものを探している
  • 子供のころから成績が悪い自分でも介護福祉士に合格する方法はないかな?
  • これから勉強を始めようと思っているがおすすめの参考書や問題集を教えて下さい

日本は年々高齢化が進み、『介護福祉士』に注目が集まっていますね。

介護福祉士の需要も毎年増え続け、不況・就職難と言われている中、比較的その影響を受けずに済んでいます。

介護福祉士は国家資格であり、取得するには毎年1回行われる試験に合格しなければなりません。

合格率は40~50%と、他の国家資格に比べれば高い方かも知れませんが、それでも半分以上の人が試験に落ちているのです。

そんな介護福祉士という資格にたった1冊の問題集を用い、2週間という短期間だけ勉強をして合格率90%以上を叩き出すとっておきの方法があるのをご存知でしょうか?

賄賂などの違法なことではありません。2週間という短期間ですが、1冊の問題集を使って勉強をする事で自力で合格ができるようになるのです。

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法の詳細はコチラ

合格に必要な最低点数を取るとは?

介護福祉士受験用の基本テキストを見たことがありますか?

全15巻でなんと合計4,600ページ以上あります。これを見ただけで思いっきりモチベーションが下がりますね。全部完璧にやれといわれたら、それはほとんど拷問です。

でも安心して下さい。私は、あなたにそんな拷問のような勉強を強制したりしません。試験に合格するためには、満点をとる必要は全くありません。

ここ重要ですからもう一度言いますが満点を取る必要は全くないのです。

合格に必要な最低点を取ればいいのです。

介護福祉士の登録証に試験の成績までは記載されませんからどうぞ安心して下さい。ギリギリで合格しても満点で合格しても資格そのものの価値は全く同じです。

ですから試験に出るとこだけにしぼって、そこを重点的に学習すればいいのです。満点を目指しても時間の無駄ですし、まず満点は取れません。無駄な勉強はしないのが一番だと思いませんか?

その次に大切になってくるのが「記憶の定着」です。

あなたも経験があると思うのですが、問題集の1ページ目からコツコツと勉強を進めていって、苦労を重ねて最後のページまでやり終えたとき、最初のページに書いてあったことはすっかり忘れていた・・・

辛いですよね。思い出せないって。

通信教育のプログラムにしても、最初のの問題集を終えると簡単な確認テストがあって、次の問題集に進むという流れが多いですね。

そして、勉強が順調に進んで最後の問題集を終えたとき、最初の問題集に書いてあった内容はたぶん忘れていると思います。

学校の授業などでもそうですが、多くの教育機関では記憶の定着という事をあまり重要視せずに勉強をさせています。

しかし、悲しい事に人間というものは本当によく忘れる生き物なのです。決してあなたの頭が悪いのではありません。

なんとしても介護福祉士試験に合格しなければならないあなたへ!

メインメニュー

基礎知識

参加中ランキング

当サイトについて

リンク集

逆アクセスランキング

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります