短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: 基礎知識(資格取得方法)

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

基礎知識(資格取得方法)

フリー百科事典ウィキペディア『介護福祉士』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/介護福祉士

1・厚生労働大臣の指定する養成施設を修了し登録名簿に登録する

2・介護実務経験3年以上で介護福祉士国家試験に合格し登録名簿に登録する

3・高等学校又は中等教育学校(それぞれ専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目(若しくは科目)及び単位数を修めて卒業し介護福祉士国家試験に合格し 登録名簿に登録する

(なお、介護福祉士国家試験は合格基準が問題の総得点の60%程度を基準(絶対評価)としている)


取得方法については、2011年(平成23年)より厚生労働大臣が指定する養成施設を修了し名簿登録する取得方法が廃止され、2012年(平成24年)からは介護の実務経験3年の者は600時間の研修を受講することが義務づけられ、取得を希望する全ての者に筆記試験(マークシート形式)は受験しなければならない方向で検討が進んだ(実技試験は免除事項あり)。しかし,平成24年度(第25回)国家試験から実施予定だったのを更に3年遅らせ、平成27年度(第28回)国家試験からの実施となった。(第177回国会 閣法 177回50号『介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案』成立)

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法はコチラ

メインメニュー

基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります