短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: 基礎知識(訪問介護員)

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

基礎知識(訪問介護員)

フリー百科事典ウィキペディア『訪問介護員』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/訪問介護員

訪問介護員(ほうもんかいごいん、英: Carer, Caregiver, Home Helper)は、介護保険法において訪問介護を行う者のこと。通称ホームヘルパーまたはヘルパー。

訪問介護員は、都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」の課程を修了した者をいう。介護保険法第8条第2項において介護福祉士と共に、介護行為を許された「その他政令(介護保険法施行令)で定める者」。かつては家庭奉仕員と呼ばれ、現在は一般にホームヘルパーと呼ばれている。ホームヘルパーは講習を受け修了した者に与えられる認定である。国家資格ではない。実際の修了書は、講習施行者によって渡される。

厚生労働省は2005年、介護に携わる者の資格を介護福祉士に一本化する方向を打ち出したが、2010年現在も需要に対し供給が全く追いついていない状況であり、2級以上のホームヘルパーの需要は依然として高い状況とも言われているが、定かではない。 実際、働いている介護福祉士は少ないかもしれないが、資格や認定を有する者は多数いると言われている。現制度以前では 介護福祉士等の資格は、国家試験を受験する必要がなく、福祉大学・福祉専門学校・その他の課程を修了することで与えられていたからだ。

ホームヘルパーの上位資格である介護福祉士を目指す者も多い。  福祉関連の資格や認定の例  社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護職員基礎研修修了者、ホームヘルパー等  個々の資格認定の相互関係を上下関係で説明する者もいるが、妥当ではない。対人介護やそうでない仕事など  仕事の役割が異なるのである。

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法はコチラ

メインメニュー

基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります