短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: 基礎知識(感染管理介護福祉士)

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

基礎知識(感染管理介護福祉士)

フリー百科事典ウィキペディア『介護』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/介護

感染管理介護福祉士(かんせんかんりかいごふくしし:Infection Control Care Worker:ICCW)とは、感染管理(感染制御)の専門能力を有する介護福祉士のことである。現在、本資格に関する認定制度は運用されていないが、制度発案機関である岡山大学大学院医歯薬学総合研究科口腔微生物学分野社会歯科学系研究グループ(主任教授:福井一博、主任研究者:佐藤法仁)により制度内容および運用方法の提言がなされている。近い将来、本制度運用が実施されるかもしれない。

介護現場における感染管理は、要介護者からの感染防止やその逆の要介護者を種々の感染症から守ることが重要なポイントとなる。介護現場におけるその役目を第一人者として役割をもつのが感染管理介護福祉士(感染制御介護福祉士)とされている。介護現場における高度な感染管理能力を有する感染制御専門資格の存在は、介護施設の院内感染対策の一手段としてや仮に要介護者が感染症に罹患した際の初期対応を迅速に行える感染管理介護福祉士は重要な専門職として活躍できる可能性を秘めている。

また、院内感染対策チームにおいてまだまだ参加することが少ない介護福祉士にとって、感染制御分野における介護福祉士の寄与がさらなる感染制御の増進と向上に果たす役割は大きいと考えられる。

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法はコチラ

メインメニュー

基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります