短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: 基礎知識(国外からの受け入れ)

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

基礎知識(国外からの受け入れ)

フリー百科事典ウィキペディア『介護福祉士』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/介護福祉士

日本政府はタイとのFTA(自由貿易協定)終結に伴い、タイ国介護福祉士有資格者を受け入れるかどうか検討を行うことになっている。

実施された規制緩和 [編集]日本政府はフィリピンとのEPA(経済連携協定)で、フィリピン共和国国家資格の介護福祉士[要出典]が日本の介護施設への受け入れの方向で合意され、厚生労働省は人数の上限を設けて受け入れることとした。調印は2006年9月9日に行われるも、フィリピン側の批准が遅れており、2009年度以降にずれ込む予定。人数枠は2年間で1,000人(看護師400人、介護福祉士600人)。
(関連資料 - 日・フィリピン経済連携)

日本とインドネシアとの経済連携協定(EPA)の調印が2007年8月20日に行われ、日本の国家資格の取得のための必要な知識及び技術の習得を目的とした介護士候補者の受け入れ、資格取得後の就労が可能となった。2008年4月17日の衆議院本会議で可決。同年7月に看護師候補者200人、介護士候補者300人が入国する見通し。EPAを活用して外国人労働力を受け入れる初めての事例となる予定。人数枠は2008年度から2年間で合計1,000人(看護師候補者400人、介護福祉士候補者600人)。介護士候補者は日本の受入先介護施設で3年間の介護実務経験を経て日本の国家試験に合格すれば介護福祉士として日本で働き続けられる。しかし、働きながら滞留の認められる短い期間のうちに試験に合格できる可能性はきわめて低く、看護士では来日した研修生のうち、試験に合格した者は数えるほどという矛盾を生み出している。
2009年4月14日より韓国からインターン300人を受け入ることになっており、人材派遣側の釜山市は毎年300人以上を日本で就業させることを目標としている。

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法はコチラ

メインメニュー

基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります