短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法 :: 山本 温子様の介護福祉士試験合格体験談

毎日忙しくて時間が無い!でも何としても資格を取らなければならない!という方必見。たった1冊の問題集を使い2週間で介護福祉士試験に合格を果たす勉強法があります。

山本 温子様の介護福祉士試験合格体験談

①いつごろから介護福祉士の勉強を始めましたか?
仕事の残業やプライベートでの習い事のイベント幹事等で忙しいまま年が明け、今回の試験も諦めかけていた時にらくらく勉強法を知りました。
それから、書店にはオススメの問題集はなかったため、ネット注文して手に入れてから始めたので、実際試験勉強を始めたのは(ウソみたいな話ですが )、筆記試験9日前です。

②一日何時間介護福祉士試験の為の勉強をされましたか?
連続ではありませんが、一日トータルで4時間くらいです。入浴中もバスタブに浸かりながらやりました。

③使われた介護福祉士の問題集は何ですか?
「らくらく勉強法」で紹介されていた「○○○○○護福祉士国試対策2009」1冊だけです。

④普段のお仕事の職種を教えていただいてもよろしいですか?
特別養護老人ホームで介護職員として働いております。

⑤試験日1日前はどんな勉強をされましたか?
ノルマの通りにそれまでと同じように勉強しました。

⑥試験日当日は何時に起きて、試験直前まで、どんな勉強をされましたか?
当日は試験会場まで家から1時間かかるのと、試験に気持ちの余裕を持ってのぞめるようにと朝5時頃起きました(試験と関係なく、普段もこれ位の時間に起床しています)。
会場に着いてからは自分の不得意だった科目だけを復習しました(満点じゃなくてもいいわけですし、得意な科目は点数とれる自信がありましたので、足を引っ張る可能性がある不得意科目に絞りました)。
午後の科目は午前の科目以外の中で勉強すればいいのでさらに絞られますので、楽でした。
なにより、この勉強法を知るまで私は勉強が嫌いで、不得意だと思っていました。記憶力が悪いのもうまれつきだと思っていました。記憶を定着させるやり方が出来ていなかっただけなんですね。三島さんと土井さんのおかげで、今では楽しんでできるようになっています。ありがとうございました。
そして、実技試験。私はひどいアガリ症で普段出来ていることでも緊張して出来なくなってしまうかも・・・と思い不安だったのですが、アドバイスレポートをいただき、その時にメールで三島さんから「諦めないで頑張って」のメッセージをいただき、心が落ち着きました。合格祈願もして下さっていましたし、「強い味方がついているから大丈夫、必ず合格する。」と心に決めて試験にのぞみました。緊張はしましたが、いただいた実技試験アドバイスレポートに書いてあったことを頭に置いて行動出来たので、落ち着いて出来ました。

体験談一覧へ戻るにはコチラをクリック

短期間で介護福祉士試験合格を達成するための勉強法はコチラ

メインメニュー

基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります